風景物語 -From North Land Hokkaido-

lansca.exblog.jp
ブログトップ

道東の旅 2012年冬

いつも美瑛等テーマにしている場所での撮影が多くなってしまいますが
年に1度 冬に道東に行っています。
東京からの古くからの写真仲間と写真を教えて頂いた師匠殿と回ります。

今年は10日(金)から13日(月)まで回ってきました。

e0083559_22445366.jpg






タウシュベツガワ橋梁とキノコ氷の写真を撮りたいのですが
なかなか撮れませんね。フイルム機と広角レンズだけを持って行きました。
今年は水位が高いうちに一度凍り、その後で雪が多く降ったので
ぐしゅぐしゅだとのこと。確かにスノーシューで歩くと湿った雪がエッジに着くので
重くなるんです。行きは硬い雪を選べなくて40分以上掛かりました。

五の沢まで戻ってきたのが14時。かなりゆっくりしてしまいました。
18時に釧路で皆さんと落ち合い食事をするのに間に合うんだろうか・・という時間。
いつものくせで、適当に走るは途中で砂利道になって心細かった・・orz
間に合いましたが・・・

翌日はなんと4時に集合。
本別海の一本松で四角い太陽を撮るぞ!ということらしいです。

e0083559_22522663.jpg


こんな道東の街で、知っているカメラマンさん数名に会うなんて・・
びっくりです。有名なポイントですけどね。
動物カメラマンさんにとっては、オジロワシが留まらなかったということで
少々残念な朝だったらしいのですが、何が留まろうとお構いなしの私にとっては
真裏から太陽が昇るなんて・・と感動ものでした。

その後は、野付と根室まで足を伸ばし、流氷などを撮影。
野付では遠く見える国後島に蜃気楼を見ました。白波なのか流氷なのかわかりませんが
かなり大きく揺れるように見えるんです。初めて見る蜃気楼です。

e0083559_22561292.jpg


e0083559_22563969.jpg


最近は大きい流氷を見ません。細かい氷がびっしりと海を埋め尽くしますので
流氷と言うよりも雪原のようになってしまいます。
今回は根室まで行って、久しぶりに大きな氷塊を見ました。

こうして写真を撮ることも楽しいのですが、そこに行きついて初めて見るもの、
探して見つけて感動する・・そいういう貴重な時間を楽しんできました。

e0083559_2323430.jpg

[PR]
by landscape-stories | 2012-02-13 23:00 | 撮影