風景物語 -From North Land Hokkaido-

lansca.exblog.jp
ブログトップ

霧の朱鞠内湖

朱鞠内湖の春は遅いです。
5月6日の段階ではようやく氷が溶け出したばかりで
道ばたには小さな蕗の薹や水芭蕉が咲き始めていました。
札幌とは1ヶ月以上季節が違う。

e0083559_22164289.jpg


蕗の薹と水芭蕉、エンゴサクの花期が長いようです。
桜がようやく咲いたと聞いて、行ってみました。
やはり葉桜の小さくて白っぽい桜・・チシマザクラでしょうかね。

e0083559_2217106.jpg


e0083559_22182314.jpg


星もきれい ・・・ でも、朱鞠内湖の前浜は魚釣りでいらした
おじさん達がヘッドライトをつけて出漁の準備?
次々と車もやってくるので、撮影は無理・・

意を決して慰霊碑の所で撮影
最初は怖かったけど、撮影に入ると集中するからまったく怖くなく
今回はまたもや時間切れでフィルムの方は霧で真っ白かも。
明け方になると必ず霧になるんですよね・・

明るくなったので、キャンプ場の方に下りて行き、
出漁中の舟やテントなど入れて撮影してみましたが・・なんか消化不良。

エンゴサクやリュウキンカの群衆がある所を見つけたので
来年は丁度良い頃に来たいなと思います。
写真って撮りためて行くには数年単位でかかるものですね。

e0083559_22202133.jpg


帰りは悲しい出来事がありました。
沼田の近くで、ランデブー中のスズメさんを轢いてしまいました
戯れるようにクルクル回りながら二羽のスズメさんが飛んでいて 急降下。
「まさか!」と思った矢先に、コツンと当たったので引き返しましたら・・・
即死でしょうか せめてもの償いで道路の脇に置いてあげましたが (T.T)
連れはもうどこにもいませんでした。
[PR]
by landscape-stories | 2012-06-03 22:21 | 撮影