風景物語 -From North Land Hokkaido-

lansca.exblog.jp
ブログトップ

朱鞠内湖 一人車中泊キャンプ

ここには写真を始めた頃に教室のツアーで訪れてから、時々思い出したように来ていました。
夜は怖いんです・・・。駐車場に車を留めて朝を待つときは無数の眼に見られているようで・・

e0083559_2225141.jpg


でも、キャンプシーズンになると、たくさんのキャンパーが訪れるようになります。
湖畔まで車で乗り付けることも出来、炊事場やトイレも完備しているし
幻の魚イトウも釣れます。とてもきれいで過ごしやすいキャンプ場だと思います。

さて、とりあえず1泊分のキャンプ料金を支払って第3サイトの湖畔に陣取り
夕暮れと星空を待ちました。が・・天気予報とは裏腹に曇でいつの間にか日が落ちた。

美瑛や富良野では車中泊しても辺りにコンビニがたくさん有るので
その都度食事を調達したりしていたので何の不便も感じませんでしたが
朱鞠内湖は辺りにお店も無く、24時間のコンビニといえば士別や美幌まで30分以上をかけて
車で行かなければならない所なので、パンやおにぎりを何食分も買い込んで撮影していました。
ちょっと辛くなってきたので、写友にいろいろ教えてもらって
ちょっとしたキャンプ用品を買い込んで撮影に臨むことにしました。

e0083559_2281863.jpg


いざ〜〜〜〜♪





その日は持ち込んだストーブでお湯を沸かしてインスタントの豚汁とおにぎり。
食後にはコーヒーを湧かして飲みました。なんだか優雅な気分になりますね。

星空が期待できないので3時に目覚ましをかけて就寝。20:30消灯と健全な生活(笑)
翌朝も霧もなにもなく、静かに何となく日が昇りました。
こんなこともあるさ〜〜〜(T.T) まっ、曇りの日は映り込みがきれいです。

e0083559_2213273.jpg


e0083559_2214562.jpg

あの切り株が気になるけど、ボートじゃなきゃ行けないのです。

このまま帰宅するんだったらいつもと同じじゃん!!ということで
音威子府まで足を伸ばして美幌の道の駅で羊のミルクを買って飲んだり、
天塩川温泉でまったり過ごしたり・・・
またキャンプ場に戻り、延泊料金を支払って本日の停車場を物色するも
結局昨日と同じ所に陣取ることにしました。

小さな椅子に座り、キャンプ場の人間模様を観察していると面白いですね。
隣のキャンパーは父と息子さんですかね。二人で調理したり2泊以上されていました。

逆となりは・・・わんちゃん連れの男性です。
一人キャンパーさんですが設備はものすごい!タープにテント・・全てのセットが備わっています。
普通にワンちゃんと会話しながら(最初は誰か他にいるのかと思ったくらい)
二人で(一人と一匹)楽しそうに自然の中の時間を過ごされていました。

さてさて・・・昼過ぎから天気予報通り晴れてきて・・・夕焼けがきれい!
使い慣れないカメラでアタフタしながらもデジカメとフイルムカメラを交互に撮って、いそがしい。

しかも、レンズ構成が足りませんね。
魚眼と28mm、それからテレコン1.4倍がやっぱり欲しい。
以前のキャノンのラインナップがベストだったのかな。
露出の確認やフイルムの自動巻き戻しなど、キャノンは楽ちんでしたね。
早くニコンに慣れないと・・・

e0083559_22235347.jpg


e0083559_22243846.jpg


それでも星空が出るような空でも無く・・食事の後0時まで仮眠して起きると!!!!
満天の星空が輝いていました。キャンパーも寝静まって灯りも最小限。

e0083559_22262455.jpg


しかし、アクシデントはつきもので・・
フィルム機でバルブ撮影しているとき、デジタル撮影の画像を確認中気がついた。
いつの間にかjpgになってる。やはり水辺での星空撮影ではいつもこんな感じ。
バルブにしたときに撮影スタイルがraw からjpgになる? まさか〜〜〜〜(^_^;

フイルム機に至っても、2枚目はエラーで途中で止まっていた。
今回は用意周到でレンズのくもりは止められたのに。
とりあえず、フイルムは1枚を1時間切っただけ。
その後でデジタルでもう一度撮影したけど、早朝近くは霧が出てくるため星もそんなに多くならず・・

e0083559_22314295.jpg


これもきっとここで命尽き果てた強制労働者の念か・・・
やっぱり一度はお参りしないと。

e0083559_2233947.jpg


e0083559_22333116.jpg


朝になると霧が立ちこめて何も見えなくなりました。

e0083559_22341295.jpg


コーヒーを湧かしながら、目の前に飛んできたアカゲラを撮影。

帰りには笹の墓標展示館(旧光顕寺本堂)で拝んできました。
[PR]
by landscape-stories | 2012-08-26 22:39 | 撮影 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://lansca.exblog.jp/tb/18724478
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ホウジュ郎 at 2012-08-27 05:36 x
 こんにちは、お久しぶりです。コールマンのコンロとコーヒーを落とす「パーコレーター」懐かしいー。私も使いましたが、今では戸棚にしまったままです。
 ところで、コーヒー豆は引いてあります?引いてありますよね。ちなみに、その昔はコーヒー豆をバンダナにくるみ石で叩き砕いてコーヒーを落としていたそうですよ。
Commented by at 2012-08-27 19:06 x
ちゃんとできたね。
いい子いい子。

今までできなかった簡単なことが
簡単にできるようになり、幸せを
感じるんだよねぇ。
そのシチュエーションが心を
癒してくれるし、満たしてくれる。

アクシデント?
ちゃんとキレイに撮れてるじゃん!

天塩温泉?行ったことないなぁ。

白も昔、そこにキャンプしたことあるんだよ。
それこそ愛犬連れてさ。
懐かしい・・・本当に幻想的だったなぁ。
Commented by landscape-stories at 2012-08-28 13:51
ホウジュ郎さん

ご無沙汰です ^^ 石でたたき砕くなんてワイルドですね。
粗挽きにしないと粉が落ちるというので、手引きで粉を挽いていきました。それでもまだ粗い方が良かったですね。
風景写真を10年以上してますが、こういう設備は初めて買ったので
手が心もとなくて・・(苦笑)
Commented by landscape-stories at 2012-08-28 13:54
白ちゃん

いろいろと教えてくれてありがとう!
頂いた調理器具でお湯も沸かせたので助かりました。
パーコレータだけだったら、コーヒーが先かお湯が先かで
頭の悪い私のおつむはポンと小噴火するところでした。

今まで「ガス?ホワイトガソリン?ランタン?ストープ???」って
はてなマークがたくさんで、お店の前でにらめっこしては
何も買わずに帰ってきていたので、感謝です。

天塩川温泉は源泉100%だって。
公共施設でとてもきれいな温泉だったよ。

朱鞠内湖・・・霧が流れるように入ってくる様子は幻想的です。
然別湖もそうですね。
Commented at 2012-08-28 17:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by doronko-tonchan at 2012-08-30 17:23
私もここでキャンプしたことがあります。
入り組んだ地形にあるキャンプ床が美しく
翌日雨上がりに湖上に現れた大きな虹を今でも
鮮明に覚えてます。
湖を一周したら鹿の親子に出くわしました。
車の行く手を一緒に追いかける形で走るのです。
いい思い出でした。
買い物は確かに全て準備してこないとヤバイです。(笑)
酒飲みの私は持参した酒量が不安で一軒ある酒店?に
行ってしかたなく一升瓶(品数が無い)を一本買った
のですが、物凄く埃を被っていて店主がハタキをかけ
雑巾で拭いたほどでした。
いったいいつ頃の酒だろうと不安になりました。(笑)

星空肉眼で見たら美しいでしょうね。
(写真を否定してるものではありません^^:)
Commented by landscape-stories at 2012-09-03 01:05
tonchanさん こんばんは

虹を見れたんですか! いいですね〜
この入り組んだ地形が不思議ですね。
できるならボートで島に渡ってみたいのですがボート漕げないし・・
スワンのボートは無いし・・・

おにぎりとパンだけでは3日は厳しいので、温かいものを食べられて
ホッとしました。レトルトですが嬉しいものですね。

星は・・流して撮っても点で撮っても実際の星空には
かないませんね。実際の満点の星空を見るとやめられませんね。