風景物語 -From North Land Hokkaido-

lansca.exblog.jp
ブログトップ

新年恒例 大撮影会


e0083559_2316434.jpg
今年も新年恒例のデストロイヤーズ大撮影会の日がやってきました。
今年は京都支部と山梨支部からも集まり、全員勢揃いの撮影会となりました。
札幌泊まりの京都支部わかまつ親方を宿泊先のホテルで拾い、集合場所の小樽某所へと向かいました。他の3名は小樽泊まりです。

集合場所へと着き2台で移動することにしました。

さて、まぁまぁ事務局長hiroさんの車に追いつくのが大変。
創設者おさむちゃんは「早いって!」 なんでも1年に1度はモノクロ車の厄介になっているとか・・・信号が黄色でも後続車にお構いなしに突っ切って行っちゃいます(苦笑)
ろうそく岩の所で漁港にはいると車内では「hiroさんションベンか?」 車から降りるとそんなことを言われているとも知らずまじめな面もちで「あそこで漁をしているからこっちでもしていると思った」とカーブの所を指さしています。「何の漁?」と聞くと「アワビの漁だよ」 う~ん流石!伊達に髭はやしてきた訳じゃないな`s(-・-;) なるほど

漁師小屋に少し入らせてもらって漁具などの撮影をさせてもらいました。
すると遠くから口笛の音が・・・犬じゃないから (-_-;)

次に美国港へと入りました。ここはいつもネコがいるそうです。
リヤカーの車輪の上でまったりとしているネコ二匹発見!
慣れているのか20mmで接近しても逃げようとしません。喉をなでるとゴロゴロ言ってまぁかわいいこと!(^○^)
動くものを撮るとあっという間にフィルムが終わってしまいますね。

次に日司漁港に停車。ここは波が荒い時は赤灯が凍ります。
一昨年はここで撮った写真が積丹観光フォトコンで入選しました ^^ お勧めの場所です。
みんなちりぢりになって被写体を探していると、おじいさんが一人一人に声をかけてきます。
「今年は全然釣れない。あんたがたもう帰った方が良いよ。寒いべし」
釣り人に見えたようです。確かに釣り人と写真撮ってる人って被る点が多いですね(笑)

何もないね~ってことで 「タコ岩詣で」といきました。
ここは私も好きな岩の一つで、必ずと言っていいほど何か撮らせてくれます。
「また去年みたいにくめぞうさんと会ったりしてね」なんて車内で話しながら向かいました。
残念ながらくめぞうさんの車はなく、波も凪。凪と言うことは波の花もありません。
みんなは海の方に向かっていきましたが、私は何故か着いたり消えたりする小屋の裸電球が気になってそれと吹雪を撮ったりしていました。
するとなんとくめぞうさん登場(笑) 来年はくめぞうさんの分の目だし帽を用意しておきますね(^○^)

お昼になったので いつもの浜寿司で「並寿司」と「ラーメン」。単品なのにうちらではもうセットになっています。(笑) ご主人も私たちを覚えていてくれて湯飲みを下さいました。
覆面を被っていないのに覚えているなんて・・・

外が明るく見えたので、今度は念仏トンネルに行こうという話になりました。
あの・・・・ワタシ足首を捻挫してるの知ってるよね (^_^;
と遠慮しがちに言うと「知ってるよ ゆっくり来ればいいべ。んで着いた頃には帰るぞ!ってことになるだろうから(爆)」 女性会員を募集しているらしいですけど、こいつらこういうヤツらです (-_-;)

念仏トンネルへの入り口に来ると吹雪になりました。おお神様!(^.^)チュッ
この吹雪じゃ行けないだろうと言うことになり、またタコ岩に行きました。
どうにか吹雪を撮れないかと画策していると、雪かきに出てきたおばあさんが不思議そうにやってきて「あんたがた釣りかい?こんな雪例年ないんだよ~」「いえ写真なんです」と答えると「ありゃ~ご苦労だね。この前も東京からテレビが来て・・・」と話が止まりません。
味のある雰囲気に頼んで雪かきしている様子を撮らせてもらいました。
「いやぁ恥ずかしいからさ テレビに出さないでよ~~(#^_^#)」 まさに浜のおっかだな・・・(笑) 

雪は止まず この後 積丹の湯へと向かい 一杯引っかけてのんびりまったりと撮影は終了・・・したかのように見えましたが
山の方に青空が見えます。創設者は落ち着きませんがfumittちゃんの買ってきたサケトバが効いてみんなのお尻に根っこが生えてしまいました。
しかし我らは撮影に来たのです! もも引きを履き直して撮影用意OK!
またタコ岩に行きました(笑)
そうすると鉛色の雲の下が紅くなっています。心踊りみんな蜘蛛の子を散らすように撮影に望みました。

今回の撮影は例年より若干早めに切りあがりましたが、楽しければそれでよいのです^^
また来年も全員で集まれることを祈って、お開きとなりました。
[PR]
by landscape-stories | 2006-01-02 22:38 | 撮影