風景物語 -From North Land Hokkaido-

lansca.exblog.jp
ブログトップ

凍りました

年の終わりの撮影はここ数年熊五郎先生035.gifとの富良野美瑛ツアーで終えてます。
26日夜半より3名で富良野へと向かいました。

e0083559_23122268.jpg


26日はすこぶる寒さで旭川ではダイヤモンドダストが見られたとか・・・
変わって27日の天気予報は最低気温-8度・天気曇りのち雪。

熊先生は不思議な力の持ち主で、雨でも雪でも嵐でも何か素敵なプレゼントを天からもらえるんです。
今回もきっと何かすばらしい出来事があるに違いないと、たとえ肺炎になっても這って行ってやるo(^o^)o と気合いを入れて行ってきました。
(熊先生マスク顔の私を見るなり、かなりひいてましたが・・・)

富良野につくと空知川周辺の木々にはびっしりと霧氷が付いていました。

これは・・・「いける!!!」と上富良野の千望峠に向かいました。
でも旭川方向に走るとどんどん雲が厚くなってきます。
千望峠から見る旭岳はそこになく、どんよりと雲って霧氷も付いていません。

またまた 富良野に戻ると 夜から撮影開始です。
オリオン座がとてもきれいに見えました。

朝になると夜よりももっと冷えています。例のサンピラーやダイヤモンドダストが出た時もそうでした。放射冷却現象ですね。
朝日が出る前からカメラを川に向けましたが、カメラの側が真っ白になるほどの寒さです。
-8度程度と考えていたので、荷物を軽くする為に薄手の防寒着しか持って行ってませんでした。寒いとかそう言う問題じゃなくて痛いんですよ。
手もかじかむというより、感覚が無くなっていました。
035.gif先生から2ヶ月洗っていない008.gifオーバーズボンをお借りして撮影に臨みましたが、ウエストが大きすぎてズルズル下がってくるんですけど・・・(苦笑)

防滴防埃加工をほどこされたカメラも初めて悲鳴をあげました。
電池を入れても入れてもすぐに電池切れのサインが出て、フィルムが送れなくなるんです。
懐炉を巻いてもぜんぜん効果なし。
持っていった5コのリチウム電池もすぐに無くなりました。
こんなに素晴らしい霧氷なのに今日は全く撮れないのか・・・と悲観しました。

コンビニに寄ってもらって電池を買ってまたトライしましたら、今度はちゃんと動くんです。
ヤフオクで安く買った電池だったからなのかしら・・・007.gif
お母さんから5千円借りていって良かったぁ 032.gif

おかげさまでダイヤモンドダストに間に合いました 003.gif041.gif003.gif

e0083559_21402394.jpg

[PR]
by landscape-stories | 2007-12-28 21:43 | 撮影