風景物語 -From North Land Hokkaido-

lansca.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

春へ

11月と3月は比較的何も変化がない季節と思われているようで
撮影に出かけてもあまり人とは出会いませんが
そんな季節こそ思わぬ出会いがあるんじゃないかと思います。

3月上旬にとんぼ返りの撮影をしてから、風邪をひいたりして
外に出ることもあまりなかったのですが、久しぶりに出かけてきました。

e0083559_1231187.jpg


昨日今日と寒の戻りで寒くなりましたが、足下では福寿草が顔を出していました。
柳の芽もつやつやで春の柔らかい日射しに輝いていました。
春の日射しもすぐに吹雪に変わったり、そんなことの繰り返しで
春はやってくるのですね。

e0083559_1372492.jpg


e0083559_138951.jpg


ずっと家に閉じこもっていては気がつかない春への扉
心も春色になって帰宅しました。

個展のポスター 東区のゼットカメラさん<http://www.z-camera.co.jp>に
貼っていただきました。^^
[PR]
by landscape-stories | 2009-03-29 01:45 | 撮影

プリントチェック終了しました

e0083559_20252062.jpg


昨日の話になりますが、個展のプリントチェックが終了しました。
11月の団体展に出品したときには4回もの再プリとなったため
同じような色合いの写真について不安でしたが
今回は1回でOKでした。ほっとしました。

OKでした というより 本当にきれいにプリントしていただいて感動でした。
大きくのばすと、また印象が違うんですよね。

全紙や全倍サイズまで伸びた写真を見て
次々と撮影した時の思い出がよみがえりました。

担当者の方に写真について一枚一枚説明していると
これは、あんなことがあったっけ・・・とか

なんて私ってお馬鹿なんだろう・・とか、思い出すのは面白かったことばかりで、
苦労とかは全然感じないのですが、
自分の子供達がきちんと盛装して目の前に登場してくれたようで
感慨にふけりながらチェックしてました。

帰宅すると注文していたA1サイズのポスターも配達されていました。
つくったは良いけど、どこに配ろう 

職場の同僚は「駅のコンコースに貼ってきたら?」なんて言ってたけど
それは 犯罪になるって(爆)

「最近のブログ読んでると、なんか元気ないけど大丈夫?」という
友達からのメールをもらって、焼き肉食べながら愚痴をぶちまけたら
なんだかすっきりしました(笑)
大したこと無いことで悩んでいたのかもしれない・・・

前だけを見て歩いていこう

あと2ヶ月 楽しみながら 頑張ります 
[PR]
by landscape-stories | 2009-03-26 20:34 | 撮影

心休めの一日

なかなかから↓から抜けることができずにいます。
そんなとき職場のボスからコンサートチケットを頂きました。
定期会員券で年間のマイシートをお持ちなのですが、
急な出張で行けなくなったので代わりに頂いたのです。

e0083559_0502382.jpg


丁度、写真協会の支部展受付当番で朝から出かける日でした。
心が↓してますから写真展もこういう当番でなければ きっとスルーしていたことでしょう。
2時半まで張りつきでしたが、なんどもなんども会員の方々の作品を見て回りました。
その中で一枚、目が釘付けになる作品がありました。
地を這うようにして長く伸びた木の根を点々と彩るように小さな水芭蕉の花。
そして春遅いその土地を語るような雪渓・・・・
その作品を見ていると どこか遠くに出かけたい気持ちに駆り立てられました。
しばらくぶりに「写真を撮りたい」という気持ちになりました。

More
[PR]
by landscape-stories | 2009-03-21 00:57 | 日常

管理健康診断

このところ 色んな事がうまく回らなくなってきていた。
気持ちの問題・・・そうかもしれない。

e0083559_0135610.jpg


その一つに管理健康診断の受診があった。
仕事が忙しいからとこじつけてはづらしていたけれど、3月中に受診しなければならない。
もうだいぶ前から必ず胸部レントゲン撮影で「要観察」と印がついてきた。
「ひどい風邪や気管支炎の後で受診するとよく出るから気にしなくて大丈夫」と言われてきたけど
ついに前回から「要精密検査」に変わった。

「陳旧肺結核痕」というものらしい。

More
[PR]
by landscape-stories | 2009-03-17 00:21 | つぶやき

星に願いを

e0083559_3114617.jpg


仕事が終わってからその足で星を撮影したいと美瑛にむけて走りました。
数週間 ずっとヤフーの天気予報とにらめっこ。
月の入りの時間や月齢等すべてが条件に合う日でなければなりません。

それが その日でした。

ちょっと下方にガスがかかっていましたが、こぐま座やカシオペア座がくっきりと輝き
シャッターを開けている間、ぼんやりと眺めていました。
一度だけ流れ星もすっと流れましたよ

-7度と結構寒かったので、白金懐炉も効かなくなってレンズが凍っちゃうアクシデントも
ありましたので、果たして数枚の中でも成功しているのが1枚あるかどうかですが、
1時間に1度、30分に一度 シャッターを切る作業を数回繰り返し
月が沈んだ2時以降に1時間開けて3時には帰宅するという、なんとも慌ただしい撮影で
翌日の仕事も2時間の睡眠だけでしたので、ハイになっているのか
まったく疲れも眠さも感じませんでしたが、土日にきましたね。(苦笑)

数日経ってから出る後遺症・・・やっぱり年です。

今回の写真はいずれ作品展で発表できたら・・・と思っています。^^
もったいぶって昔撮影した星の写真を添付します。
[PR]
by landscape-stories | 2009-03-09 03:16 | 撮影

初恋の人からの手紙

最近 「愛」に餓えてます(苦笑)
就活ならず「婚活」とか「あなたの恋愛度チェック!」とかいう活字をみると
ついついクリックしてしまいますが、たいてい登録制の出会いサイトにつながってますね。
さらについつい登録しそうにもなったりして・・・(苦笑)

ついさきほど面白いサイトを見つけました。
「初恋の人から手紙が来ます」
↓ ここです
http://letter.hanihoh.com/

生年月日や軽い質問に答えて待つことちょっとで
結構長文の手紙が届くんです。

実際の初恋の人とはキャラクターが違いましたが楽しめました。
無口で恥ずかしがり屋さんでしたから こんな長い手紙は書いてくれないだろうなー (^^)
それより わたしの気持ちには気づいていなかったと思いますし。
今も変わらないです。自分の気持ちを伝えるのは死ぬほど苦手 (_ _)

そう言えば 卒業の季節になると流れるユーミンの曲
「最後の春休み」や「卒業写真」を聞くとあの頃を懐かしく思い出しますね。

-目立たなかった私となんて
 交わした言葉数えるほど-

-もうすぐ別の道を歩き
 思い出してもくれないの
 たまに電車で目と目があっても
 もう制服じゃない-

-もしもできることなら
 この場所に同じ時間に
 ずっとずっとうずくまっていたい-



いま ずっとずっとうずくまっていたいとき なんでしょうかね。


e0083559_22565861.jpg

尾道にて(2003年12月撮影)
[PR]
by landscape-stories | 2009-03-04 23:02