風景物語 -From North Land Hokkaido-

lansca.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

久し振りの美瑛

e0083559_1113732.jpg

久し振り過ぎて、写真の撮り方を忘れてます。(|||_|||)

三角点で京都の若松親方に会いました。
まだジャージに着替えてなかったです。
[PR]
by landscape-stories | 2009-08-30 11:01 | 撮影

夜高あんどん

e0083559_20343093.jpg


師匠のご一行と沼田町に来てます。

今夜は千望峠でテント泊らしいです。

追記:
沼田ではたくさんの知人と会いました。
お祭りとか人の多いところが苦手なので、あまり行ったことが無く・・・
カメラマン達が走り回って撮影している中、ぼけ〜っと沿道で体育座りしながら見てました。
[PR]
by landscape-stories | 2009-08-29 17:33 | 撮影

e0083559_1831696.jpg


不安定な天気ほど写欲がそそがれます。
いつもは出かけるまでウダウダして結局出遅れるため高速で出かけることが多いのですが
昨日は23時に活動開始。

途中案の定、新十津川辺りから稲光が時折光り始めました。
沼田町辺りでは30秒に一度 光り・・・・
この絶好の機会に朱鞠内湖with雷が撮れたらとウキウキして急ぎました。
しかし!やはり震源地が近いと 豪雨ととどろき渡る雷鳴
その雨はハイパワーの高速ワイパーでも前が見えないほどで、走行不能となりあえて断念。
こんな豪雨の時に水辺にいて流されたりしたら・・・浮かんでこないだろうし・・・
単独行動では突撃型のB型でも慎重になります。(苦笑)
悔やまれるのは 沼田で撮っておけばよかった・・・orL

e0083559_18384362.jpg


夜が明けて、撮影中にも再び豪雨。
集中していたので、気がつけばずぶ濡れになってました〜〜
それから雨具を着込んだのですが、時すでに遅しで 気温17度でも寒かったです。

約10分に一度光る稲光をカメラに納めたいと ずっと高台で待ってましたが
その雷雲がこちらに近づくと、雷のあのピリピリ感が記憶に甦って撤収しました。
その時1Vは放電しただけで大丈夫でしたが、5DMIIはどうなんでしょうかね。

きょうは雨に濡れて冷えたので、浦臼の「つるぬま温泉」で暖まってから帰宅しました。
[PR]
by landscape-stories | 2009-08-23 18:48 | 撮影

お墓参り

e0083559_0333852.jpg

e0083559_0333876.jpg


小樽に行きました。

お彼岸やお盆に、祖父母やご先祖さまに手を合わせに行かないと
なにか大変な忘れ物をしたような気持ちになります。

小さい頃に よく祖母に花園公園に連れて行ってもらいました。
ゴーカートがあったのですが、いつもただ見てるだけ。
「女の子は乗れないんだよ」って祖母から言われて、ふてくされながら
男の子達が乗ってるのを羨ましく見ていた記憶は今も鮮明です。

いつもぐるっと歩いて、ヤギやウサギに餌をやって 帰ってくると言う
そんなパターンの花園公園でしたが
帰りによく保証牛乳(現在はミルクプラント)でソフトクリームを食べさせてもらうのが
楽しみだったんですよね。

妙見市場に夕飯の買い物について行ったり・・・・

手を合わせながらそんな記憶を思い出すのも良いのかも知れませんね。
[PR]
by landscape-stories | 2009-08-17 00:33 | 日常

記憶-霧の時代- キャプションの作成の準備

道立図書館で調べ物をするために江別まで行きました。
今年の写真教室のNPM展(テーマ展)では朱鞠内湖の3枚を展示させていただきます。
そのキャプションを書くために北海道の歴史を調べるためです。

e0083559_22285591.jpg


写真を撮るのに私はテーマを持って撮影に臨んでいます。

ひとつは「ひとと自然との共存」
北海道では特に厳しい冬の自然と共存することで人々の生活が成り立っています。
明治から道外の各地からここに入植して、厳しい冬の季節と戦い、共存しながら生活してきました。
その生活を写真で表現できたら・・・と。

e0083559_22302930.jpg


もうひとつは「北海道の歴史」です。
かつて先住民族が住んでいたこの未開の地を開拓したのは屯田兵や各地からの入植者だと
私たちは歴史の教科書で学びました。
しかし、それ以前に囚人や中国や朝鮮国から強制的に連行されたいわゆるタコ部屋労働者と
呼ばれていた人たちが大勢犠牲になり、ご遺族に変換されずにまだ多くの遺骨が
その地に眠ったままになっています。

私たちは現在 快適に北海道で暮らしています。

彼らの犠牲の下に成り立っていることを 忘れないためにも
その場所でシャッターを切ります。

e0083559_22312167.jpg


図書館の帰りに野幌森林公園を歩いてきました。
何年ぶりでしょう。

e0083559_22315845.jpg

[PR]
by landscape-stories | 2009-08-15 22:32 | 撮影

ようやくここ数日 暑い日がちょろっと続いていました。
きょうは雨 小休止です。

うちの職場はお盆休みというのが特になく、各自夏休み3日+有給休暇をボチボチと取るんです。
特に11日は暑かったので、眠気覚ましも兼ねてお昼休みに近くのスーパーまで
麦茶など買いに出かけました。

日陰を探しながら歩きたくなるほどの暑さで
遊歩道のハトぽっぽ達もお昼寝してましたが・・・・・・

e0083559_0401551.jpg


見るからに 熱い!! ってヤツらが!!!! 047.gif

あぁ 鳩になりたい・・・ 
[PR]
by landscape-stories | 2009-08-14 00:44 | 日常

アマルフィ

久しぶりに映画を観てきました。
「アマルフィ 女神の報酬」

先日 富士フイルムフォトサロンで開かれてました「アルバス」で
佐野史郎さんが出展されてましたモノクロ写真は、この映画のロケの合間に
撮られていたそうです。

e0083559_21104425.jpg


e0083559_21111142.jpg


もう何年も前ですが、イタリアに行ったとき
ここならずっと住んでもよいかな・・・そう思いました。

ヴェネチアでは あの細い入りくねった路地を
ずっと昔の記憶を手繰るように なぜか迷わずにあるけたこと
きっと一度はこの街に住んでいたのかも知れないと そんな不思議なことをふと思いました。

アマルフィ。
ヘラクレスが愛する人を失ったとき、その亡骸を世界で一番美しい場所に埋めて
そこに街を造ったという伝説の街。
流れるように画面に広がる空撮のイタリアの街並み
ストーリーにちりばめられたサラ・ブライトマンの「Time To Say Goodbye」の歌声に
画面に引き込まれました・・・

愛するものを失った憎しみと悲しみ、それと対比するように
まるで心を持たないかのように振る舞う特殊任務の外交官の表情・・・
DVDを買っちゃいそうです ^^

また オペラを聴きながら 車を走らせたくなりました。



写真は、その時にコンパクトデジカメで撮った写真です。
写真を始める前ですね(苦笑)
[PR]
by landscape-stories | 2009-08-06 22:08 | 日常

北海道の写真文化の灯を守ろう

7月1日に富士フイルムフォトサロン札幌の閉鎖が決まりました。
2002年に札幌に誕生してからお世話になってきました。

e0083559_21553871.jpg


ここで毎週のように行われてきた個展やグループ展で多くの作品を見て
感動して、憧れて、勉強して、目標を抱いて・・・
そして私もここで念願の写真展を開くことが出来ました。

札幌ではもう一カ所大きなギャラリーが閉鎖になります。

景気が悪くて、マイナス赤字を出す分野に投資は出来ない・・ということでしょうけど
企業の役割って文化を育成することもあるんじゃないかと思うんです。

北海道のプロ写真家が存続の署名活動を行っています。
署名用紙をダウンロードしてお使いいただけます。
1枚全箇所が埋まらなくても結構です。
FAXまたは郵送でNPO法人にご送信いただけたら幸いです。

どうぞご協力 宜しくお願いします。
↓ NPO法人北海道写真家ネット The North Finder
http://northfinder.jp/activities/post_59.html
[PR]
by landscape-stories | 2009-08-03 21:57 | 撮影

大模様替え大会

金曜日から土曜日にかけて朱鞠内湖から道北をうろついていましたが
何をしに行ったんだろう・・ってくらい寝てばかりいました。

e0083559_214537.jpg


ちょっと写真を撮っては眠くなって路肩に車を止めて グーグー
湖畔でも日陰に車を止めて グーグー
夕暮れを待ち、お墓の隣で グーグー

各2時間ずつのグーグーで、きわめつけは 夕暮れを撮影して
ねぐらに戻ったのが19時 さっきまで2時間も寝ていたというのに
それから3時まで眠り続けていたのですから・・
車の中で8時間も爆睡してました。

早朝撮影を終え、高速を飛ばして自宅に帰宅してから、
車の掃除、それから物撮り撮影のお手伝いをして
夜から大模様替え大会です。

さすがに19インチのナナオのブラウン管モニター一人で抱えては重かった・・
20年以上前に初ボーナスで買ったステレオセットも一つ一つと壊れてきたため
今回思い切ってLD&CDとダブルカセットデッキを捨てることにしました。
これも重かった〜〜

なぜか やることが目白押しの時に限って模様替えをしたくなる私です。
昨日いっぱい寝たから 力有り余ってるのかな〜(笑)

ゴミ袋3つ(燃えるゴミ1 燃えないゴミ1 ザツガミ1)転がってます。
[PR]
by landscape-stories | 2009-08-03 02:07 | 日常