相棒

e0083559_2253830.jpg実は先週の木曜日の朝 5年間つれそってきた相棒が永遠の眠りにつきました。
春頃から少し大人しくなったような気がしていましたが、よく食べるし元気そうだったので放っておいたら、あっという間の最後でした。

最後の朝、薬をあげようとカゴを開けると、いつもはストーブの近くにいるのに入り口のそばで横たわっていたのです。
直感で、あと数時間だと思いました。私が起きてくるのを待っていたのでしょうか。。。
そのまま声をかけながら、手の中で暖めてあげました。
何度か顔を上げて、私のことを捜しているように思え、顔をくっつけて何度も頬ずりしてあげました。
マロは2,3度強く痙攣して、手のひらに感じる心臓の音が小さくなり・・・・・

何故か最近 マロの写真をたくさん撮っていました。
彼女はカゴから出してあげると、一目散に出窓に行き外を眺めるのが好きでした。
風が吹くとそれだけで驚き、小さな虫が飛ぶと、ちょっと驚きそして後を追います。
窓から外を見るマロは目に見える物がなんでも珍しいようで、一番あどけない顔をしていました。

今はそこからよく見える松の木の下に眠っています。

こんな小さな命でも、私たち家族を幸せにしてくれて、たくさんの笑顔と笑いをくれました。
マロの存在に感謝して、いつも忘れずにいてあげようと思います。
[PR]
by landscape-stories | 2005-10-17 22:06 | 日常

北海道 特に富良野・美瑛での撮影日記や日々の出来事など


by Landscape Stories
プロフィールを見る
画像一覧