人気ブログランキング |

とっておき英国紀行8日間 その4 6月30日

e0083559_0314486.jpg
【バス車窓から】
5日目は朝食後、湖水地方へと2時間のバスの旅。

1日湖水地方の予定のため、ベアトリクス・ポター(ピーターラビット作者)の暮らした
ヒルトップ農場のあるニア・ソーリーにいくものだと思っていたら
「ベアトリクス・ポターの世界」の次に「館」がついていた。
よく地図を見ないで思い込んでいたため、その博物館がニアソーリーの対岸にある
ものだと知ってちょっとがっかり・・

e0083559_0381456.jpg
【構内で1ポンドで手に乗せて記念撮影を撮らせてもらえてました】

次回はこの辺りをゆっくり散策してみたいと思います。
この丘から臨む湖のある風景はきっと美しいだろうな。

e0083559_0325614.jpg
【ハーバースウエイト駅】
e0083559_0331296.jpg
【この蒸気機関車でレイクサイドまで行きました】
e0083559_0333372.jpg
【メルヘンな駅舎に大撮影会。関西からのツアーと一緒になりました】

それでもハーバースウエイトからレイクサイドまでは20分という短い時間でしたが
蒸気機関車にゆられて美しい景観を堪能できました。
時間がゆっくり流れていますね。

e0083559_0335520.jpg
【彼女のファインダーにはどんな風景が見えていたのだろう】

レイクサイドからはウインダミア湖を遊覧船に乗って半周します。
ボウネスという街で下りてベアトリクス・ポターの世界館で、絵本の世界を
立体的に表現したおとぎの国を堪能しました。

e0083559_0344514.jpg
【ただいま】
e0083559_0351819.jpg
【私はあの丘に行きたかったんだ〜(T_T)】
e0083559_036517.jpg
【甲板でのスナップ】
e0083559_0363264.jpg
【女性同士で秘密のお話?】

昼食は、英国式のアフタヌーンティーを体験。
英国人はランチをせずに、2時頃から2時間くらいゆっくり掛けて
ティータイムを楽しむと言います。
三段になったサーバーに下段にはサンドイッチ、中段にはカップケーキ
そして上段にはマフィンが乗っていて、もうお腹がいっぱい。

e0083559_0371243.jpg
【こんなジオラマがたくさんあって、ピーターラビット好きにはたまりません】

日本人は30分でごちそうさま。
ツアーのおばさま達はさっさとお土産買いにショップに出掛けていきました。
街の探索も含めて1時間半の貴重な自由時間ですものね。

私は、大のピーターラビットファンである母のお土産買いに付き合って
かなりの時間博物館のショップにいました。
見るもの見るもの可愛らしくて、両手にいっぱい抱えてました。
特に母のお気に入りのキャラクターはティギーおばさん。
野ねずみの洗濯屋さんなのですが、カップやフィギュアを買い込んでました。

e0083559_0394316.jpg
【餌をあげていた女の子に「もっとくれ〜〜」と覆い被さってきたハクチョウ】

集合場所は博物館から15分ほど歩いた乗船乗り場前です。
1時間ほど時間が合ったのでショップを覗きながら歩いていると父がいない・・・
いのしし年だからか、この年代の男性だからなのか、性格なのか さっさと歩いて行ってしまうんです。
集合時間と場所は知っているので、母と気にせずにウインドショッピングを楽しみながら歩いているとトイレに行きたくなって・・・
湖畔にホテルがあったのでそこのテラスでホットチョコレートを頼み、お手洗いを借りましたが
支払いたいのになかなか人が来ない。集合時間は迫るし焦りますよね。
のんびりとしたお国柄でも、流石に近くに座っていた英国人のご夫婦もウエイトレスさんを
探しに行きましたが、こっちはまったく時間が無い・・
仕方が無いのでチップを含めて8ポンド置いてきました。
映画でもそんな感じで代金を置いて店を出るシーンを見てるので・・多分良いのですよね(^_^;

イタリア旅行でもそうでしたが、母と二人ですとどこでも入っちゃいます(笑)
そういうフラフラとするのも楽しいものです。
by landscape-stories | 2012-07-12 00:41 | 日常

北海道 特に富良野・美瑛での撮影日記や日々の出来事など


by Landscape Stories
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る