人気ブログランキング |

東京へ

e0083559_21241112.jpg18日から始まったAMATERAS展を見るために東京まで行って来ました。
早朝の便で出掛け、お昼頃に有楽町の富士フォトサロンに到着しました。
両親にここのギャラリーがいかなる場所か説明するために使ったのが「テニスで言うとウインブルドンのセンターコートのような所なの」デス(笑)
その一言が聞いたのか、AMATERAS展のDMを東京近郊の友人達に配りまくっていました。
夏に持った個展の時もそうですが、この二人の集客力には頭が下がります。
社会での経験の差でしょうか・・・・

ドキドキしながらギャラリーのある二階へと上がると、会場の外まであふれんばかりの人人人・・・出展者と歓談するひとあり、ギャラリーをゆっくりじっくりと真剣な表情でみるひとあり・・・記念写真を撮る人ありとにぎやかでした。私も記念写真を撮っていると写真の説明を求められました。私の作品を気にかけてくださってすごく嬉しかったです。

それぞれの作品は先に送られてきた写真集で拝見しておりましたが、迫力のある強い印象を受ける作品が多くて圧倒させられました。大きく写し出されるワイングラスのような太陽、風や雲の広がる空、紅く焼けた空、山々の風景 等々・・・・。大きなカメラで撮っている作品が多く、機材の使い方と表現力の勉強になりました。
その中にあって、サンピラちゃんもご機嫌よろしゅう穏やかな笑みを浮かべているように見えました。本当に満足そうに私にムフフと微笑みかけてくれていました。貴女に気に入ってもらえて私もうれしゅうございます (^_^;

母の友人も駆けつけてくれ、可愛いコサージュやお祝いを頂いてしまいました。
以前に小樽をご案内したときに1日ご一緒したので話も弾みましたが、滞在時間も少ないので、父と私はおいとまし、それぞれ目的の地を目指しました。

神田にとったホテルに荷物を預け、私は父に「谷中」に行くと言うと「秋葉原で日比谷線に乗り換えて入谷で降りるといいよ。鬼子母神もあるし。」と教えてくれましたが、日比谷線に乗ってから買ったばかりの地図で谷中を索引からひくと「北綾瀬」にあるらしいことがわかり、あわてて上野でおりました。西日暮里で千代田線に乗り換えて綾瀬経由で北綾瀬で降りました。
商店街は・・・・・ん? ないなぁ。公園らしいものがあったので通ると「あ!ねこ!谷中名物のねこだ!!」とカメラで撮ろうとすると近づいてきます。「谷中のねこは人慣れしてるな・・・」
しかし歩けど歩けど下町っぽいところはありません。なんか新興住宅街のような感じがしました。谷中と書いている町をぐるっと歩きましたが思ったところとは違ってがっかりして母との待ち合わせ場所に戻りました。

翌日父と谷中の話になり、テレビ東京のアドマチック天国で見た谷中とは印象がちがったと話す内に谷中違いに気が付きました。「綾瀬って埼玉じゃないか・・・おまえの行ってる谷中はよく落語に出てくるんだよ。だから上野あたりだろう」 地図を見直すと日暮里の駅前に谷中の墓地があるじゃないですか!!!
同じ関東圏に同じ町名をつけるのはやめようよ・・・(x_x)
まったくの地理音痴なのでした。せっかくネットで調べたものをおいてきた自分が悪いんだけど。
これはまた超割バーゲン&日帰りで行くしかないですね。

本当の谷中はこんなところです。
by landscape-stories | 2005-11-19 20:29 | その他

北海道 特に富良野・美瑛での撮影日記や日々の出来事など


by Landscape Stories
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る