人気ブログランキング |

受付嬢(嬢で何が悪い!)

1日NPMの写真展の受付の担当でした。
以前に道写協の受付をやったことがありますが、その時は2人での担当だったので心強かったのですが今日はなんと一人らしく、かなり緊張しました。

何が緊張するかって、当日価格表なるものを初めて見て「あっ!販売も兼ねるんだった!!」と計算が苦手な私にはかなりのプレッシャーでございました。
そばにあった電卓に安心しましたが、思い切り指に力を込めて打てども打てども数字が出てきません。接触悪いのか?ニャロ!と焦るばかり・・・あ・・・onするんだと。。。(^_^;
使い慣れていないものを使えなくなるのは加齢のせいでしょうか・・・まったく。
仕事柄お金の勘定は慣れているはずなのですが、あぐらをかきながらするのとは違ってお客様がいらしている中、楚々としなければならず、数えても数えても頭に数字が入りません。日頃人目にさらされていないとこうなるんですね(苦笑)

10時開店と同時に人足が途絶えることなく盛況の様子ですが、朝飯が食えない(苦笑)
奥の方に人が行くのを見計らって買ってきたサンドイッチを一口。
口が渇いているので口の上にパンがくっついて離れない。約2時間かけて食べ終わりましたが、もっと早く起きて家で食べてくれば良かったと後悔しました。

そこへNPMのHさんの登場。神様に見えました。受付を変わってもらって2時にようやく昼食を食べることができました。これは嬉しい悲鳴というヤツですね。

1日受付というのはきっと長いだろうなとパソコンを持っていきましたが、あっという間に1日が終わってしまい、パソコンは必要なかったですね。

私が出品させて頂いてる「出勤前の身だしなみ」
ヤツは、職場へ行く途中のショールームのオブジェに映る自分に見とれていました。
それは1回だけじゃなく 何日も何日も毎日なんです。
鏡を鏡と認識している動物は人間とオラウータンそしてチンパンジーだけと映画のワンシーンで言っていたけど、ヤツも映っているのは自分だと認識しているようでした。
うちのセキセイインコも鏡が好きで、話しかけたり突っついたりして映っているセキセイを仲間だと思っているのですが、コヤツはくるっと一回転して背中を映してみたり、まるで人間が姿見を見て身支度するのと同じ仕草をしていたんです。撮りたいと思ったけど、通勤途中の人並みの中で撮る勇気もなく、何日もやり過ごしました。けどやっぱり撮りたくてある日カメラに28-200mmのズームをつけて手持ちでパチリ。案の定職場に行くとみていたひとがいて「何撮ってたの?」と笑われちゃいました。それ以来・・・どうしたのかヤツは来なくなりました。

他のメンバーのようにカッコイイ写真じゃないけど、このカラス君 喜んでくれてるかな。

e0083559_21401014.jpg

by landscape-stories | 2005-11-27 21:47 | 日常

北海道 特に富良野・美瑛での撮影日記や日々の出来事など


by Landscape Stories
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る