人気ブログランキング |

星の島・利尻 花の島・礼文

e0083559_0311789.jpg


利尻・礼文の旅から帰宅して3週間経とうとしています。(現在7/22)
回顧録になりますが、改めてまとめてみようと思いました。

まず、前日のパニックは今になっては笑い話になりますが、あり得ない話です。
旅行会社から受け取っていたフェリーのチケット。
忙しさにかまけてテレビの上に置きっぱなしにしていました。
旅立ちの前日、夜遅くに荷造りしながら、フェリーの正確な時間を確認しようとチケットを見ました。

「7月1日 6時30分出航・・・・・か」 なにぃぃ? もう今から出ても間に合わないじゃないですか!
すべてのチケットを見ましたが、全部一日ずれています。
予約したときに嫌な予感はしたんです。
営業の人が「日曜日の1日からじゃないんですか?」と不思議な表情をしていたんです。
日曜日は予定があるので、月曜日からの2.3.4日です と 言ったはずなのに・・・・

穴が開くほど何度もチケットを見ても 1日。
しかし「1ヶ月有効」という小さな文字を見つけました。
これは飛行機で言うOPENチケットっていう意味?
もしかしたら空いていたら乗れるかもしれない。。。。
まずは、出航してしまうまでに「乗れない」という意思表示はしておかないと・・・



日曜日 9時からフェリーターミナルに電話をして、空き状況を確認しました。
前夜に出していたファックスが役に立ち、話は早く済みました。
キャンセル待ち3番目 詰めて乗れば大丈夫とのこと。他の2日は予約が取れました。

まるで、朝起きたら9時10分前 という状況に酷似してました。
人間 パニックになると やけに落ち着くものです。

さてさて、予定通り 1日の夜9時に自宅を出て稚内へと旅立つことができました。
稚内へは3時着。5時半まで仮眠をとり、順調に車を船に積むことができました。

フェリーには 観光バスが9台 他はトラック数台にマイカーもわずかな台数です。
その観光バス9台それ以上があの小さな島に集結するのかと思うと・・・・(x_x)
フェリーの中も元気なおばちゃん方でムンムンしていました。

嫌な予感は的中で、姫沼に行き着くと その観光バス全台数が集まってきました。
一台に30人以上乗っているとすると×9台で270人を越すおばちゃんが姫沼にいるわけです。
すぐにUターンしてオタトマリ沼へと先回りすることにしました。

オタトマリ沼は数台の車しか駐車していません。
先ずは撮影をさっとして、それから沼の周りを歩いてみました。良い風が吹いてます。

e0083559_0382462.jpg


個人で周遊すると小さな湿原にも立ち止まることができます。
南浜湿原という文字をガイドブックで見つけたので、立ち寄ってみました。
時期的には少し遅かったように感じましたが、まだまだワタスゲやアヤメが緑の中にポツリポツリと咲いていました。
どこに行っても利尻富士は悠々とそびえ、町の隅々まで見守っています。

e0083559_0415586.jpg
いつの間にか父が私の写真を撮ってくれていました。
大病をした父とこうして旅行できるようになるとは思ってもいませんでしたので、この一枚は宝物になりそうです。

利尻で写真撮影を続けている父の幼なじみと宿でお会いして、色々なお話を伺いました。
ご子息とは札幌の写真展でお会いしていましたが、お父様の方もまだまだ利尻山に登って植物の撮影をされているそうです。
オタトマリ沼の星がきれいだと聞きました。
今晩 起きることができたら、行ってみよう と思いました。
by landscape-stories | 2007-07-02 10:41 | 撮影

北海道 特に富良野・美瑛での撮影日記や日々の出来事など


by Landscape Stories
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る