人気ブログランキング |

カテゴリ:日常( 130 )

天使のささやき

昨日、職場の同僚が亡くなりました。享年47才でした。
彼女とは働くフロアーは別でしたが、同期で仕事のことをよく相談したり、愚痴をこぼしたりする仲でした。
若い頃は職場全体でスキーやキャンプに行ったりして、楽しい思い出がよみがえります。

どんな仕事も簡単にこなし、自分のフロアーばかりではなく、職場の隅々まで気を配るひとで、彼女に聞くと何でもわかるという頭の良い人でした。
辛いときもただひたすらがまんして、ニコニコしながら対応する人で、その心中までオープンにすることは滅多になかったのです。

どうしてこんなに明るくていい人が辛い思いをしているんだろう・・・・・
もし、神様がいるとするなら、何を言わんとしているんだろう・・・・

痛みに耐えながらも大好きな仕事をしている彼女を見るたび、思うことはこのことばかりでした。

5年間 彼女の口からは「どうして私ばっかり?」とかそういう恨み言を聞いたことはありませんでした。ただ一つだけ「きっとこんな思いをしなきゃならないこと、やってきたんだよ。何かの罰だよ」と表情を曇らせてつぶやいたことがあります。でもただ一回だけです。
その時は言葉も出ず、「この病気とつきあってゆくくらいのゆったりとした気持ちで構えた方が良いよ」と言うと「そうだね。もう大丈夫」ってニッコリ笑った顔を忘れることが出来ません。

「輪廻転生」 小さい頃ですがお釈迦様の伝記を読んで目にした言葉です。
人は死んでも無になることなく、魂は生まれ変わると信じています。
『今度生まれ変わった時は、また近くで生きようね』と彼女に声をかけてきました。

「天使がきっと微笑んで、元気にしてくれるよ」ってプレゼントしたこの写真。
「miyaちんの写真は見てると優しい気持ちになるの」と言ってくれて大切に持っていてくれた貴女の想いを決して忘れないです。
e0083559_23191636.jpg

by landscape-stories | 2005-12-06 23:22 | 日常

セキセイインコのヒナ

マロが他界して2ヶ月が経ち、日増しに寂しさが募るばかりでした。
仕事でたまったストレスを家に持ち込んでイライラしていました。
いつもなら、帰宅してすぐに「マロ、ただいま!」って声をかけてチュッチュしながらかじられて・・・なんていう他愛もないことで癒されていたんだなぁって、つくづく思う日々でした。

毎週 小鳥のショップとして定評のあるTデパートのペット売り場に行ってはマロによく似たこを眺めて帰ってきていました。
11月の東京旅行が終わるまでは買えなかったのです。
最初に行ったときにいたマロ似のヒナは帰ってきてからもまだ売れ残っていました。
ケージには3羽のヒナがいて、マロ似のヒナとその他二羽は同じ種類で多分雄と雌だと思います。
ヒナなのにもうすっかり恋人同士で、雄の方は雌に餌をやったり、毛繕いをしてあげたりもしています。横でマロ似のこが同じように「かいて」とでも言わんばかりにうなじを差し出していますが、あっさり無視されていました。
そんな姿が愛らしくて何度「このこを下さい」と言いかけましたが、大きくなりすぎていて手乗りにはもうならないとのことでした。

毎週水曜日にヒナが入るので、その時に予約をしていきました。
やっぱりどうしてもマロ似のこに目がいってしまいます。
一番元気そうだったので、その子にしました。そのショップはすぐには売りません。
そこが信用されるところなのですが、すこし育てて、売れる状態にまで様子を見るのです。

土曜日に電話があり、さっき連れてきました。
よく食べて大きな声のこです。
このこが育って、また相棒になってくれることを祈ってせっせこご飯を食べさせてあげました。
e0083559_202688.jpg

by landscape-stories | 2005-12-04 20:06 | 日常

秘書業務

30日の夜から外耳炎が悪化したせいか頭を少し動かしただけでズキッと右半分の脳みそがうずく。熱も出て来ちゃって今朝まで死んでました(苦笑)。

昨日病院からもらってきた抗生物質と炎症を止める薬が効いたらしく午後から出勤できました。それでも耳かきは止められない・・・ってかアレルギーが出てきた去年から痒くてたまらないのですけど・・・・
しかも、血液の循環と痒みは連携しているらしく、撮影で興奮(抑揚)してくるとハナミズは出るしクシャミは出るし、耳も痒くなるんでお手上げです。

時は29日まで遡ります。
大社長様の所にプリントを取りに行きました。
すると、副社長様が本業が忙しいためにいらっしゃらないので、仕事が進まないんですよ・・・と大社長。
かわりに値札付けとワープロ業務をこなして参りました。
値札付けに至っては、商品についてまず疎いので(苦笑)、品物のそばまで行ってメーカーと規格をチェックしなければなりません。
大社長様の「○○の○○は○○円」とおっしゃる言葉だけでは、いまいちピンと来ないので、もっと修行が必要ですね。

次のワープロ打ちは「ブラインドタッチ」(笑)で出来るのでお茶の子さいさいなのですが、ワープロ機というものを使ったことがありません。
いつもパソコンで一太郎かワードを使っているので、ただ打ち込むだけで書式設定等まで手が回りませんでした。
最後にちょこっとわかりましたけど。^^
「年度賞」のリスト作成のお手伝いに生タラバを4匹頂きました。
ごちそうさま!(^○^)

寝込んでいる間に審査が済んだようで、どこにも見せたことも出したことのない「雪の日」がゼットカメラ年度賞の準特選を頂きました。マジですか>幸造ちゃん
コンテストってわかんないですね。(^_^;
e0083559_18521564.jpg

by landscape-stories | 2005-11-29 18:39 | 日常

ミラ吉

e0083559_221551.jpg 平成6年に新車で購入してから苦楽を共にしてきた愛車ミラージュ。一度は心中しそうになったことすらあるんだからこいつとは切っても離せない仲ってやつです。

そのミラ吉も今年で11年目。翌年6月の車検を通そうかそれともその前に次の車に乗り換えようかと実に迷うところでした。中古は過去のオーナーがどのような乗り方をしていたかで寿命も変わってくると思うので、なんとなく気が進まない(過去に買った中古は、買ってすぐに湾岸道路のど真ん中で止まったこともあり実に怖いんですね~)のですが、新車になると諸経費を含めると200万は覚悟しないと、自分が必要としている容量のものは買えないのです。

今でも毎月赤字が出ている状態なのに、大ボスが給料10%削減案を出してきた!
こんな状態でローンでなんか買えたモンじゃない。
やっぱりミラ吉にはあと2年半はケッパッテもらおうと先日ディーラーに点検に出してみました。
気になっていた足回りも異常ないらしく、ただ唯一オイル漏れしていてエンジンに被っていたのでそれの修理と部品を取り替えてOK。
何かと問題のあったM社製だけど、ミラ吉はいたって丈夫です。
ディーラーから車を引き取るとき、嬉しそうにキーを手渡してくれた年輩のエンジニアの方の顔が忘れられません。ホントにM社の車が好きなんだろうな~って思いました。

さて、今日は取り替えてから5年も経つバッテリーを交換してきました。
比重計ではまだ緑色ですけど中身は真っ黒(笑) これは極寒の美瑛なんかに行ったら一発でアウツだろうな・・・・とあわてて買いに行ったのですが・・・・(^_^;
これで2年半 ダートも雪中もがんばっていこう!
by landscape-stories | 2005-11-28 02:20 | 日常

受付嬢(嬢で何が悪い!)

1日NPMの写真展の受付の担当でした。
以前に道写協の受付をやったことがありますが、その時は2人での担当だったので心強かったのですが今日はなんと一人らしく、かなり緊張しました。

何が緊張するかって、当日価格表なるものを初めて見て「あっ!販売も兼ねるんだった!!」と計算が苦手な私にはかなりのプレッシャーでございました。
そばにあった電卓に安心しましたが、思い切り指に力を込めて打てども打てども数字が出てきません。接触悪いのか?ニャロ!と焦るばかり・・・あ・・・onするんだと。。。(^_^;
使い慣れていないものを使えなくなるのは加齢のせいでしょうか・・・まったく。
仕事柄お金の勘定は慣れているはずなのですが、あぐらをかきながらするのとは違ってお客様がいらしている中、楚々としなければならず、数えても数えても頭に数字が入りません。日頃人目にさらされていないとこうなるんですね(苦笑)

10時開店と同時に人足が途絶えることなく盛況の様子ですが、朝飯が食えない(苦笑)
奥の方に人が行くのを見計らって買ってきたサンドイッチを一口。
口が渇いているので口の上にパンがくっついて離れない。約2時間かけて食べ終わりましたが、もっと早く起きて家で食べてくれば良かったと後悔しました。

そこへNPMのHさんの登場。神様に見えました。受付を変わってもらって2時にようやく昼食を食べることができました。これは嬉しい悲鳴というヤツですね。

1日受付というのはきっと長いだろうなとパソコンを持っていきましたが、あっという間に1日が終わってしまい、パソコンは必要なかったですね。

私が出品させて頂いてる「出勤前の身だしなみ」
ヤツは、職場へ行く途中のショールームのオブジェに映る自分に見とれていました。
それは1回だけじゃなく 何日も何日も毎日なんです。
鏡を鏡と認識している動物は人間とオラウータンそしてチンパンジーだけと映画のワンシーンで言っていたけど、ヤツも映っているのは自分だと認識しているようでした。
うちのセキセイインコも鏡が好きで、話しかけたり突っついたりして映っているセキセイを仲間だと思っているのですが、コヤツはくるっと一回転して背中を映してみたり、まるで人間が姿見を見て身支度するのと同じ仕草をしていたんです。撮りたいと思ったけど、通勤途中の人並みの中で撮る勇気もなく、何日もやり過ごしました。けどやっぱり撮りたくてある日カメラに28-200mmのズームをつけて手持ちでパチリ。案の定職場に行くとみていたひとがいて「何撮ってたの?」と笑われちゃいました。それ以来・・・どうしたのかヤツは来なくなりました。

他のメンバーのようにカッコイイ写真じゃないけど、このカラス君 喜んでくれてるかな。

e0083559_21401014.jpg

by landscape-stories | 2005-11-27 21:47 | 日常

オークションって・・・

時々欲しいレンズがないか、欲しいCDが無いか ヤフオクをうろついている。
レンズに関しては相当額での出品が多いけど、音楽に関しては廃盤CDを5千円台で出している人もいれば、同じCDが3桁で出ていたりもする。

自分の写真のテーマに一番あっていると思うのがenya
収穫時期の美瑛に行くときはenyaをかけてイメージを膨らませる。
ヤフオクで事実上のデビューアルバムが600円からの出品で出ていた。
1000円でポチッと入れてみた。高額入札者になったが1日でそれより高い金額で入れられた。
私の他にも熱くなったひとがいたとみえ、あれよあれよと10名の入札者に増える。
多分1500円くらいで入れているんだろうな・・・・

仕事の帰りにCDショップに寄ってみた。新品で1980円(笑)
1500円で落札したとしても送料と振り込み代金を入れると中古にしては高くなる (^_^;
ここまでしか出せないって決めないと後で後悔するよね(苦笑)
で、私は新品のを買ってきました。

enyaの曲をかけながら、この冬も美瑛通いが続くのかな。
e0083559_1194353.jpg

by landscape-stories | 2005-11-26 01:21 | 日常

臨時撮影会

e0083559_0595426.jpge0083559_10991.jpg



















姪の誕生日のプレゼントもまだ買ってあげていなかったので、大社長様のところにプリントをお願いに行きがてらプレゼントを買おうと姪を連れて行きました。
お店の中にはいると常連さん達が10名ほど店内にいて、熱気に包まれていました。

モデル撮影会の帰りかな・・・

大社長様にプリントの指示をしている最中、チロチロと視線は姪の方に注がれているのに気が付きました。
大社長様から「写真撮ってあげるよ」と言われ姪は照れていましたが、常連さん達の手際の良い道具の設置にたちまち臨時モデル撮影会となりました。
ライトもばっちり姪は初めての経験に最初は硬い表情でしたが、次第に注文に応えることができるようになっていき、最後にたくさんのプリントを頂きました。

こうしてネタも提供して頂き、私も面白いひとときを体験いたしました(爆)

みなさま ありがとうございました。
by landscape-stories | 2005-11-23 00:54 | 日常

影響

トラックバックカテゴリ:その他
e0083559_0103172.jpg

日本人ってともかく影響を受けやすく流されやすい民族だと感じている。
記憶に新しいところではイラクで人質になった人たちに対する「事故責任」発言等々。

帰宅時 体調が悪くて公共交通機関のシートに座って沈没していた。
そこへ隣の席からおばさまのうるさい話し声が聞こえてきた。
気分が悪いときにはそういう声って耳障りになる。自然と耳がダンボになってしまった。
あれ・・口論? 「あなた達若い人は必ずああ言えばこういうわよね」
---あ~ なんかトラブルがあったのかな。「細木数子先生もおっしゃってるでしょ!」
この一言でおばさまがたれてきた訓辞がすべて陳腐な物に思えて飛んでいった。

次の駅で大きな荷物を抱えた女の子が何も言わずに降りていった。
その荷物の大きさに「シートに置いてたんだな」と推察した。
おばさまは勝ち誇ったように、そばにいた知人に「わざと降りていくように言ったのよ」と言う。
回りの高校生は「いろんなひとがいるもんだ」と失笑していた。

私も結構細木さんの出演している番組をみているけど、そういうことを言っていただろうか。
シートに荷物を置いているのなら「少し詰めてくださる?ありがとう」で済むことだと思う。
彼女に強いことばを投げつけて、やりこめることが細木的に良しとしてはいなかったと思う。
北風はけっして旅人から衣服を脱がすことができない。
ゆがんだ正義感が一人の人を傷つけてしまった。
きっと家でも家族に同じことをしているんだと思う。いつか自分に跳ね返ってくるよ。

テレビや新聞、ラジオに雑誌 いろいろなメディアが情報を発信している世の中。
垂れ流し状態になんでもうなずくのではなく、視聴覚を通して入ってきた情報を自分なりに解釈して考えることが必要なんじゃないかと思う。

これからずっと先の未来 またあの忌まわしい「富国強兵」と叫び流れていった日本にならないためにも・・・。
by landscape-stories | 2005-11-02 00:09 | 日常

たまっていた仕事・・・

e0083559_22544299.jpg
秋になってしばらく土曜日日曜日と天気が悪いので、撮影にも行けずイライラしてます。
雨が降った方が落ち葉が濡れてそれは被写体としてバッチリなんでしょうけど、行く気が起きないと言うのは天気のせいじゃなくて、気持ちがマイナスだからなんでしょう。

金曜日の室内講義の時、原っぱさんから写真展来場のお礼状を頂きました。
え!つい先週までされていた写真展じゃないですか・・・仕事が早い(x_x)
ワタシなんぞ8月上旬でしたのに、まだお礼状の住所録も作れておりませぬ。

帰宅してからエクセルフル稼働で230名の打ち込み(途中から)を終わらせ、翌土曜日には写真選びと文案を考え、即日から作成に入りました。
1ヶ月間のヤクルト会場があったとはいえ、予想だにしないご記帳に嬉しい悲鳴をあげながら、書き込んでくれた一言一言をじっくり読んでる暇はないのにまた読み更けてしまいました。

しかも、こういうときほどプリンターが言うことを聞きません。
紙送りがうまくいかず、父の旧式パソコンと旧式プリンターでえっこらやっこらと住所と文章まで明け方3時まで掛かって作成いたしました。

そして本日 お手製の切手を貼って(160枚しか用意していなかったので、71名の方スンマソンです)明日郵便局からようやく旅立ちます。

枝番の記載がない方、住所が判断不明な方 もし届かなければ ごめんなさい。m(_ _)m

やらなきゃならないこと その①が無事終了して、こころおきなく(?) さて何をしよう。(笑)

ホント、大変遅くなりまして申し訳ございませんでした m(_ _)m
by landscape-stories | 2005-10-30 22:55 | 日常

相棒

e0083559_2253830.jpg実は先週の木曜日の朝 5年間つれそってきた相棒が永遠の眠りにつきました。
春頃から少し大人しくなったような気がしていましたが、よく食べるし元気そうだったので放っておいたら、あっという間の最後でした。

最後の朝、薬をあげようとカゴを開けると、いつもはストーブの近くにいるのに入り口のそばで横たわっていたのです。
直感で、あと数時間だと思いました。私が起きてくるのを待っていたのでしょうか。。。
そのまま声をかけながら、手の中で暖めてあげました。
何度か顔を上げて、私のことを捜しているように思え、顔をくっつけて何度も頬ずりしてあげました。
マロは2,3度強く痙攣して、手のひらに感じる心臓の音が小さくなり・・・・・

何故か最近 マロの写真をたくさん撮っていました。
彼女はカゴから出してあげると、一目散に出窓に行き外を眺めるのが好きでした。
風が吹くとそれだけで驚き、小さな虫が飛ぶと、ちょっと驚きそして後を追います。
窓から外を見るマロは目に見える物がなんでも珍しいようで、一番あどけない顔をしていました。

今はそこからよく見える松の木の下に眠っています。

こんな小さな命でも、私たち家族を幸せにしてくれて、たくさんの笑顔と笑いをくれました。
マロの存在に感謝して、いつも忘れずにいてあげようと思います。
by landscape-stories | 2005-10-17 22:06 | 日常

北海道 特に富良野・美瑛での撮影日記や日々の出来事など


by Landscape Stories
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る