人気ブログランキング |

カテゴリ:写真( 66 )

大河の一滴

私たちは大河の一滴。

ひとつひとつの存在は小さくても

その存在が 地球となり 宇宙となる

こんなちっぽけな私でも 大河をなす大切な一滴だと・・・・

e0083559_23242037.jpg

by landscape-stories | 2006-09-28 23:25 | 写真

札幌近郊の山 初体験

今年のNPM展のテーマは「札幌の山」
何故か札幌に興味が持てない私は一連の札幌シリーズに苦しんでます(苦笑)
札幌の水辺-今でも水は苦手です
札幌の花-美瑛や富良野ではお花も撮れるのに・・・・
札幌の動物-これまた美瑛や富良野ではキタキツネや鳥の写真も撮っているのに・・・
そして今年は札幌の山。これまた十勝岳連峰や他の山には登る気持ちがあるのですけど・・・

しかし、ネットでお世話になっている宮王さんから昨年冬に札幌でも高層湿原があり、そこではワタスゲを見ることが出来ると伺うと 行きたくて仕方がなかった。
ワタスゲは私が好きな花の一つです。今年もワタスゲの群生が見たくて霧多布湿原まで行きました。特に美しいとかそういう印象は持てないのですが、はかないというか・・・寂しげに風に揺れるワタスゲが好きなんです。

そろそろワタスゲが咲き始めたようです とお誘いを頂きました。
山は登り慣れている方と一緒でなければ躊躇してしまいますね。
林道はどんな感じなのか・・・装備はどの程度でよいのか 等々
ベテランの登山家@宮王さんとご一緒なので終始安心の登山(軽ですが)でした。

途中 何カ所か 一昨年の台風で倒れたと思える倒木が行く手を阻みます。
この倒木がもたらす新しい自然の営みを感じながら、少しずつ登っていきました。

1時間ほど登ると大蛇が原の看板がみえてきます。
湿原としては乾燥し、小さな規模のものでしたが、それでもショウジョウバカマやチングルマそしてワタスゲが風に揺れていました。
小さな池唐の縁にもワタスゲが光を受けて綿毛を輝かせていました。
いずれここは乾燥して笹藪になってしまう運命なのかもしれません。

この湿原が存在している間に見ることが出来たという喜びを味わい、そしてこの瞬間に感謝し、下山しました。
暑さとヤブ蚊の大群にやられてしまいましたが、この感動は忘れないでしょう。
宮王さんのおかげです。本当にありがとうございました。

e0083559_0335473.jpg

by landscape-stories | 2006-07-10 00:15 | 写真

水芭蕉の季節

函館の帰りに ぐるっと海沿いを走って帰ってきました。
函館→江差→熊石→瀬棚→岩内→積丹→小樽→札幌
夕暮れは積丹のタコ岩で過ごし、帰路へ急ぐその道で道端に白いものを発見。
まだ雪が残る道端にずらっと水芭蕉が咲いているのがわかりました。

本来積丹はあまり雪の多いところではないそうですが、今年は自衛隊が出動するほどの降雪量。まだ日陰には雪が残っています。
一昨年も水芭蕉を撮りに同じ所に来ていましたが、その時は辺りにも草木が生い茂っていたため、望遠で一部を切り取る撮影だけしかできませんでした。

これは広角レンズで雪と水芭蕉を収めるチャンスかも。(^○^)

お休みをいただき、行って参りました。

雪が多かったせいかホウは痛んだものが多かったのですが、小降りの水芭蕉がたくさんさいていました。
奥に行ったらきれいな水芭蕉があるかなぁと 沢を渡ろうと思ったら、雪が崩れて落ちてしまいました。(x_x) 長靴に水が入り込んでチュベタカッタ~~。これが冬なら凍死してます(苦笑)
めげずにグングンと進み目を付けた場所へ行き1時間以上の撮影。
いつの間にか 乾いてました~。

e0083559_22573717.jpg


神威岬の駐車場に行くとエンゴサクが咲いていました。
これは森の方に行くとカタクリとかも咲いているかも・・・・・と、以前撮影オフ会で行ったことのあるシーサイド余別の方に入っていきました。
川が流れていたので、そちらのほうに行ってみると、山道を女の人が歩いてきます。
観光客かなと思って 川辺に咲いていたキクサキイチゲを撮影しようと準備していると声を掛けられました。

「川の方に行くんですか?」『えっ入っちゃいけないのかな』とドキドキしながら、「手前の白いお花の写真を撮りたいだけなんですけど」と答えました。
すると、その方は近くの公設施設の職員さんで、近くに咲くお花を教えてくださいました。
「館内の裏庭にもヤチブキとか咲いていますからどうぞご案内しますよ。」

『なに!ヤチブキ!!』 美瑛や北檜山で撮ったヤチブキは真っ昼間の撮影だったせいか葉っぱがギラギラとテカってしまって失敗だったのです。
もう一目さんで着いていきました。

今年は雪解けが遅かったので、いつもならとっくに花が終わっているヤチブキやエンゴサク、イチゲやニリンソウなど咲いているらしいです。

3時過ぎの柔らかくなった光の中で 今度はギラギラしていないかな・・・(;¬_¬)ドキドキ

まったくしばらく写真を撮っていなかったせいか、撮り方を忘れてしまいました。
面目ない・・・(x_x)
by landscape-stories | 2006-05-09 23:01 | 写真

自然のこと

e0083559_2337924.jpg
昨日運びきれなかった写真を取りに、きょうも滝川まで行って来ました。

温泉に入りたいという母を乗せて、今日も又R275を走りました。
3月31日から今日まで何回往復したでしょう・・・5回です(苦笑)

ま~ その5回の中で、刻々と冬から春へと景色もうつろっています。
初回はまだ融雪も進んでおらず、少しだけ顔を出した水辺の様子にカメラを・・・と思いましたが翌日の事故(x_x) 人生何があるかわかりません。

そんな景観を眺めながらのドライブは、写真を撮る前からも好きでしたが、細かい所にまで気が付かないことが多く、そんな自然を見る目をもらったことも感謝です。

道すがら、北へ帰る白鳥やマガンなどの渡り鳥が田畑で餌をついばんでいる光景を多く目にしました。
母は、こんなの初めて見た!と感嘆の声を上げていました。
何かの現象? 気象異常とか? と興奮気味です。

いえいえ・・毎年恒例のことなのですよ。
ただ気が付かなかっただけなのです。この時期 この道を通ったことも12号線を通ったこともあります。
ただ、生き物たちの世界に目を向けていなかっただけなのです。

あ・・・福寿草のつぼみ! ふきのとうがたくさん出ているね。
写真を撮るようになって、こんな風物詩に季節の便りを感じるようになりました。
by landscape-stories | 2006-04-16 23:39 | 写真

春遠からず・・・

日進月歩ですが、春はそこまでやってきていました。
日が差したかと思うと、あっという間に吹雪になって、めまぐるしく天気が変わる日が多くなると少しずつ春がやってきます。

ふと 車を止めた美瑛の道端にて。

e0083559_21503821.jpg

by landscape-stories | 2006-03-13 21:52 | 写真

大地のめぐみ

e0083559_2354897.jpg


北の大地は まもなく 

冬眠に入ります。

雪に埋もれていても そこは暖かくて 命を生み、育んでいます。

また会う日まで・・・・って あくび中
by landscape-stories | 2005-11-16 23:11 | 写真

北海道 特に富良野・美瑛での撮影日記や日々の出来事など


by Landscape Stories
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る