人気ブログランキング |

<   2009年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

伝えたいこと

富士フォトサロン東京で個展をさせていただくことが決まりました。
来年ですが、10月15日から21日 スペース3 です。

e0083559_3223211.jpg


   伝えたいことは 何なんだろう。

写真を初めて間もない頃は 前田真三さんが撮影された場所を探したり
似たように撮れたら嬉しかったり。
それで満足だったのですが、写真家岡本先生の教室で自然のことや写真のことを学び
各々テーマを持ち撮影することを学びはじめると・・・さて・・・・
もっと掘り下げて何かを表現したいと思い始めました。

富良野や美瑛の美しい風景は、主に農業を営んでいる方々が創り出した風景。
生活を見つめてみよう・・・と思いました。
「きれい きれい」と喜んでいる キガラシやヒマワリは緑肥に使われます。
土を育てることを大切にしています。

そこから 土のかおりがするような作品を撮れたら・・と
自分のテーマを「大地のうたがきこえる」として見つめてきました。

今年5月に札幌での個展は、あえて休息の時「晩秋から早春にかけて特に厳冬期を中心に」
作品を揃えてきました。眠っているように見えて、実はそれが大切な季節なんだ、と。

今年の冬も もう一度自分の足跡を見つめ直して、何か表現できたらよいと思っています。
自分なりに納得の出来る作品が撮れたら、ストーリーを組み立て直して
「北海道の冬は寒いだけではなく、実はとても大切な季節なのだ」ということを
お伝えできたら と思っています。

e0083559_3325021.jpg

by landscape-stories | 2009-09-27 03:34 | 写真

美瑛の温泉

2泊も車中泊をすると、いいかげん路上で生活をしているひとのような香りがぷ〜んとしてきます。
気のせいなら良いのですが・・・

e0083559_0301685.jpg


水が苦手なので、お風呂もあまり得意じゃないです。
じっと浸かっていられないので、カラスの行水です。
熱いお湯に「あ”””〜〜」とか唸りながら、ちゃちゃちゃと入ります。

でも!毎日お風呂には入ってますので、引かないでくださいね (^0^;)
何が嫌かって・・・お風呂から出て髪の毛をブローするのがめんどう。
いっそう風呂上がりだけ、丸刈りにでも・・と ついバリカンを手にしてしまいそう。

そうそう 水が苦手な話でした。ん?温泉の話でしたか?
匂う話でしたっけ??

でも 何故か温泉は大好きで、常にお風呂道具は持ち歩いています。
昔 くじいた足が温泉に入っただけで治ったんです!
登山の後で温泉にはいると翌日も筋肉痛にはなりません。

はい、原人に近いので筋肉が実に素直です。
蘇生が早いんでしょうかね。

美瑛に来るとたいていこの白金温泉に来ます。
十勝岳温泉の吹き上げ温泉も良いのですが、あそこは混んでますからね。
おばちゃんたちとの 洗い場争奪戦にいつも負けてしまうので 避けてます。
撮影の時は睡眠2時間とかですから、風呂上がりには休憩室で爆睡したい。。
そんなときは 白金温泉です。

今回の撮影最終日(ってか二日目ですが)は ドカジャン着ていても冷えて寒かったので
運転しながら何度くしゃみをしたことか・・
ガードレールにぶつかりそうになりました。

e0083559_0334085.jpg


札幌に帰るまでに風邪引きそう〜〜と思いながら車を走らせていると
「早朝温泉」ののれんが見えたような気がして引き返してみました。
6時半だけど やってるんだろうか・・・

e0083559_0354416.jpg


ハイランド ふらの温泉 6時からやってます。
by landscape-stories | 2009-09-26 00:40 | 日常

天の川

e0083559_13455978.jpg


美瑛から帰ってきました。

天の川が1本の樹に降り注ぐように流れていました。
流れ星も4つ・・・
感動で涙が出てきました。
いろいろあった後だったから・・・
星を眺めていると、自然の中で身を任せていると 思います。

「たいしたことないや」って

自分らしく ゆっくり あるいていこうと思いました。

e0083559_1348357.jpg

by landscape-stories | 2009-09-24 13:49 | 撮影

夕暮れぇ〜

e0083559_175751.jpg


昼ご飯 どこも混んでいたので、茹でトウキビで終わりです。
お腹が空きましたぁ(;_;)

夕暮れ撮影が終わったら富良野のケンタか 美瑛のソバ屋かな。お米が食べたい…

e0083559_0445940.jpg


(写真入れ替え)
by landscape-stories | 2009-09-23 17:05 | 撮影

久しぶりの美瑛

e0083559_13431212.jpg


(写真変更)

最近美瑛に来たときは、このタイトルが多くなりましたが、美瑛の神様はまだ私のことを覚えていてくれたらしい。

心が奮い立つような景色に出逢いました。

やっぱり私は一人でここに立つ方が似合ってるのかな。(笑)
by landscape-stories | 2009-09-23 06:02 | 撮影

コーナーを作っていただきました

糠平に行くといつもお世話になる中村屋さんに
ポストカードを置かせていただいてますが
コーナーを作っていただきました。

e0083559_20402870.jpg


これを機に5種類の糠平で撮影した絵はがきも作成しましたので
お近くまでお越しの際はお寄りいただけると嬉しいです。

夜から明け方の撮影に対して
朝食とお風呂のセットもありますので、助かりますね。

中村屋さん
http://www3.ocn.ne.jp/~fujimi/
by landscape-stories | 2009-09-13 22:05 | 写真

魂の共鳴

もう日付が変わってしまいましたが、昨日ネットで知り合った横山明日香さんのスライドトークショーに出かけてきました。

e0083559_1345896.jpg

【横山明日香さん デストロイヤーズでした(笑)】

e0083559_133423.jpg

【作者の許可を得て撮影しています】

オーロラとの出逢いから家族の絆まで たっぷり充実した2時間は
明日香さんのおもしろトークも炸裂してあっという間に過ぎました。

私 実を言うとオーロラって聞いても 「あっそう」って感じで
さほど見たいとか思わず、写真展や写真集を見ても実際に見てみたいとも
思わなかったんです。

きっと心の中で「行きたくてもジェンコないし」とか
「休みとれないし〜」「行ったからって見れるわけでもないし」
そういう諦めが「興味ない」という命令を下していたのでしょう。

でも明日香さんのオーロラは そんじょそこらのオーロラの写真集とは違って
私の琴線に触れたんですね。

お墓の上に広がるオーロラ 油田に降り注ぐオーロラ 金鉱跡に揺れるオーロラ
ただの七色のカーテンじゃなくて 現実の生活や歴史を感じさせてくれるものでした。

副題の「生命を超えて」の通り 心の中に超宇宙的なメッセージが送られてきているようにさえ感じました。

ペーパードライバーからあんな大型のアメ車を借りてよくぞ独りで見知らぬ外国の地を撮り歩いた! ホント驚きの連続です。
きっとものすごい豪傑な女性かと思われるでしょうけど
ナチュラルなんです。気負いが無くて、自然に導かれるように生きてるんですね。
そこがどんどん、人と繋がっていくのだと思います。

水曜日まで富士フイルムフォトサロン札幌で開催中です!
by landscape-stories | 2009-09-13 01:39 | 写真

森の中

7月12日に開催しました道写協札幌支部主催の撮影会フォトコンテストの
入賞・入選結果が北海道新聞に掲載されました。

「特選」へのお祝いメール ありがとうございました。

e0083559_193681.jpg


でも・・・・・長靴はいていたので撮れたっていう普通の写真なんです。(^◇^;)

ただ・・・「こっちにおいで」って呼ばれたのかな。
蜘蛛の巣に何度も引っかかりながら、川のなかを何かに吸い寄せられるように
歩いていったらここに行き着きました。

でも、撮影が終わって ふっと横を見ると あんなに歩いたはずなのに
3mくらいの茂みの先にひとが立ってました(笑)
多分そのひとが立っていたところからなら、この小さな流れは見えなかったかも知れません。

私的には川の流れよりも森の緑の深さが好きで、プリントしてみた作品です。
森の精霊達 喜んでくれてるかな?

ジブリ映画の「コダマ君」みたいに コロコロ カラカラって ^^
by landscape-stories | 2009-09-09 19:37 | 写真

森と海

釣り具専門店のフィッシュランドの会報紙に写真を使って頂きました。
印刷がとてもきれいで、今日出来上がった冊子を頂いたのですが感激です。

中には半ページのインタビュー記事もあり、ちょっとくすぐったい感じがします。
なんだかすごく格好良いことを書いてくださって・・・(笑)

e0083559_21462968.jpg


最近 写真続けようか どうしようかと 考えることもあったりして
そうかと思うと 「風景写真で辿る北海道の歴史」などという壮大なテーマを思いついて
北方資料館から数冊の本を借りて読みふけったり
心と頭がバラバラです。

そんなときは 私はやっぱりついているんでしょうね。
その時のタイムリーな出逢いがあるんです。

ヒーリングアーティストの友人(はせくらみゆきさん)http://www.hasekura-miyuki.com/が
札幌でセミナーを行ってくれました。
ワークショップでは、心の神髄まで解放させ、潜在意識を呼び起こすアートセミナー。
思うがままの色で描く事で自己を表現するのです。

「嫌なこと 嫌いな人を思い出してごらん」

私は 自分でした。 大切な人のことを信じられなかった私自身・・・
深い森の中で、森の緑色は降り注ぐ雨ににじんで・・・海になりました。
深い色の海。。。雨の音がさざ波に替わって・・・遠い意識の中で、彼は 許してくれました。

その時眼の奥に焼き付いていた色「森と海」を描いて みゆきさんに見てもらいました。

「あなたの仕事には森の精霊が見守ってくれているよ。」

心が元気になったら また精霊に会いに行こうと思います。
悲しくて、自分を責めてきた気持ちは、昨日あの場所に置いてきたのだから・・・ 
by landscape-stories | 2009-09-07 22:04 | 日常

北海道 特に富良野・美瑛での撮影日記や日々の出来事など


by Landscape Stories
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る